1976年発表の9作目のアルバム。千家和也&都倉俊一コンビから阿木耀子&宇崎竜童へとシングル曲の担当が変わりかけていた頃で、<1>~<6>が新コンビの曲。百恵の歌声には妙に覚めた視線が感じられる。サウンドであおっても百恵本人は熱くはならない。「CDジャーナル」データベース

 ・ amazon music : 09. Yokosuka’s Story (1976) : 横須賀ストーリー

ディスク:1
1. 陽炎
2. ゲーム・イズ・オーヴァー
3. 横須賀ストーリー
4. 自転車の上の彼
5. クラブサンドウィッチはいかが?
6. 風たちの午後
7. いま目覚めた子供のように
8. ひとにぎりの砂
9. 赤い運命
10. それでも明日が…
11. 愛の暮色
12. 甘い裏切り